それぞれの夏と育み

7月のカレンダーも数日で8月に変わります。
早くも「さるすべり」の花が満開に咲いてきました。

7月7日に実父が亡くなりあわただしく日々を過ごしたり、ボーっとしたりしていました。
それもまたしても不思議な出来事が起こったからなのかもしれません。
左肩が重くてしょうがない日々であります。

ダンナさんと両方の親がいなくなり、私達は寂しくなってしまったとうなだれていたら・・・・
どうも父が鳥取からついてきたようです。
新幹線で東京に着き降りようとした時にリュックに虫が付いていました。「こんな新幹線の中に虫がいるなんて、それも陽炎ににているような。」それから何日も2人は左肩が凝ってしかたがなかった。2日後ネットで調べたら、やはり「かげろう」でありました。その日、玄関先に珍しい「かみきり虫」が現れ、その時は何も感じなかったのですが、その後、父がついてきたのではないかと思ってしまいました。

それは・・・ 数日間、亡くなった実母、おばさん、3月に亡くなった義母が1人づつ出てきた夢をみたからです。今まで1度も亡くなった人の夢を見たことがなかったので驚きました。それから2日後、2人で帰宅途中に細い道を並んで歩いていたら、あのかみきり虫がダンナさんの耳をすり抜けて私達の目の前の木に止まりました。とても不思議な出来事はたぶん人に話しても信じてくれないのかもしれませんけど。
昨日はお食事のご招待をうけ銀座に出かけたのですが、肩が軽くなり久しぶりに夢も見ることなくゆっくり眠れました。たぶん父は東京を観光してきたのでしょう。今日の夕方になるとまた、頭も肩も重くなりました。
きっと私を心配して千葉に来られなかったのを悔やんでいたのかもしれませんね。
8月23日の七七日までお線香をあげることにしました。


くぅちゃんの夏は朝日とともにお散歩に出かけ、昼まで涼しい家の中でお休み中
メダカは帰鳥中に暑さで10匹死んだのですが、子どもがたくさん生まれました。毎日覗き込むと1ミリだったメダカも数えられる位に大きくなっています。
毎晩うるさいくらいに鳴いていたスズムシは、やはり留守中に1匹だけになりました。今はシーンとしています。
a0011716_20455738.jpg

ゴーヤはジャックと豆の木のように大きくなり、たくさんの実をつけています。ゴーヤ観察ツアーとしょうしてダンナさんと時々ベランダで数を数えておりますが・・
a0011716_20463057.jpg

こんなささいな育みがどれだけ今の私の心を慰めてくれているのかと思うと、とても幸せに感じています。

7月3日 7年ぶりのshogo hamadaのアリーナコンサートに出かけました。
最高に幸せな時でした。「ありがとう 元気を」
a0011716_20501583.jpg



息子へ 元気で旅を続けていると思います。ブログでたくさんの経験をしている事が伺えます。人との出会い、自然の美しさ、その場所の困難を帰ったら是非、学生達に話してあげてください。
[PR]
トラックバックURL : https://mai231me.exblog.jp/tb/13155289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mai231me | 2011-07-28 20:50 | 日記 | Trackback