突然の出来事ってこんなふうにやってくる

長雨が続く前 義母が2度目の脳梗塞で倒れた。
夕方のテレビニュースをのほほんと見ていた頃、携帯に出たら救急車の音が・・ケアハウスの職員の方が「脳梗塞で倒れられたので今、受け入れ先の病院を探しているところです。もう1度電話しますので待っていてください。」と連絡がありました。かかりつけの病院は脳外科が不在なので次の病院を探してくれている。頭の中で以前、ニュースであった<受け入れ先見つからずたらいまわし・・・>という記憶が浮かんだ。
その間 ダンナさんに電話するが何回かけても出なかった。
10分か15分後にようやく受け入れ先が見つかり車で追いかけたのだが・・・暗闇で迷ってしまった。

高齢で心臓に負担もあり、倒れたはっきりとした時間も把握されていないので治療の選択を迫られてしまった。家族の判断が必要であるがダンナさんに連絡が取れない。20回も電話かけてるのに・・不安とあせりで頭がパニックになってしまい、脳神経外科医さんに「先生ならどうしますか?」などと聴いてしまったのです。命を取るか後遺症を取るかの選択でもあった。
まもなくダンナさんが携帯の履歴に驚き電話をくれて、その場でリスクの少ない治療を選択した。

倒れて2日目までは脳梗塞の再発が心配で病院からの電話にびくびくしたのであるが、1週間になると点滴がはずれ少し落ち着いた。重度左側麻痺が残り、嚥下障害と高齢であるがためにリハビリも制限されると思う。病院での治療が終われば、本人がリハビリを希望するので老健施設を探さないといけない。

倒れた日の2、3時間前は私と普通に話しをしていて、パンを買いに降りたりもしていた。
思えば連休に田舎から帰ってから「疲れたな~。」と言っていた。
法事もしたので何故かハイテンションになっていた姿が浮かぶ。
「拝佛 おはよう じっちゃん」の繰り返しの言葉と、持ち帰った義父の大好きだった<しゃくなげの白い鉢>の花が全て取られていたのが不思議だった。
早すぎる突然の出来事に戸惑っている日々であります。
[PR]
トラックバックURL : https://mai231me.exblog.jp/tb/10685679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mai231me | 2010-05-25 20:22 | 日記 | Trackback